Webサイトの編集方針を考えてみる

前提条件が大体出揃ったところだが、コンテンツの作成を闇雲に始めるのは、やはり無謀。購入して良書だと思いつつあまり出番のなかった「コンテンツ・デザインパーン」に沿って編集方針を考えてみた。

コンテンツ・ブリーフ

コンテンツブリーフとは、これから作っていくコンテンツについてあらかじめ色々と明確にしたり、決めたりしたリストのこと。
コンテンツの全体像をみることができる便利なリストなので、途中で迷ったりブレたりすることなく実制作作業をすることができるスグレモノだ。
リストの項目は次の通り

  • 伝え方の工夫
    • 顧客と商品の関連性
    • 目的(わかってもらうこと・させたいこと)
  • 切り口
    • 伝える内容の工夫
    • 商品特徴
    • ターゲット顧客
    • 利用シーン
    • 顧客便益
  • 伝える体裁の工夫
    • 表現
    • メディア活動

はじめから順に全ての項目を埋める必要はなく、埋められるところを埋めながら全体を考えていくやり方が良いらしい。

コンテンツ・ブリーフを書いてみる

実際に書き出しものが次の通り。

伝え方の工夫

  • 顧客と商品の関連性
    • どんな会社なのか、何をかっているかいしゃなのか知りたい人(探索者;前期)
    • 近い将来、サービスを利用しようとしている人(探索者:後期)
  • 目的
    • わかってもらうこと
      • デザイナー向けのエンジニアリングサービスを提供していること
    • させたいこと
      • 何かのきっかけで相談してもらう
  • 切り口
    • 自分がどんな問題で困っているのか?を気がついてもらう

伝える内容の工夫

  • 商品特徴
    • デザインを熟知したエンジニアリングサービスが複数ある
  • ターゲット顧客
    • デザイナー、デザイン事務所
  • 利用シーン
    • デザイン作業を効率化したいと思う
    • Web構築やWebマーケティングに自信がない
    • 自社のデザイン領域を拡げたい
  • 顧客便益
    • 快適なデザイン作業環境を構築できる
    • よりよりデザイン提案ができる

伝える体裁の工夫

  • 表現
    • コピー
      • 「Engineering でDesingを強くする。私たちは、あなたの会社のR&D部門です」
    • メインビジュアル
      • シンプルなロゴアニメーション
  • メディア活動
    • レスポンシブWebデザインにして、あらゆる端末で見てもらえるようにする
    • SNSも徐々に連携&活用していく

最初に書き出したのは、既に決まっていた「伝える内容の工夫/ターゲット顧客」の部分。それから「伝える内容の工夫」の他の項目を埋めていった。
順に「伝え方の工夫」「伝える体裁の工夫」と埋めていった。
書いてみて、これは便利だと特に思った部分は、「伝え方の工夫/顧客と商品・サービスの関連性」のところ。
この本では、顧客の状態を

  • 探索者前期:あなたの商品に気がついていない
  • 探索者後期:あなたの商品が含まれる、ある一つのカテゴリーに興味がある
  • 購入者期:あなたの商品に興味・感心がある
  • 支払い期:あなたの商品を気に入り購入しようとしている
  • 利用者期:あなたの商品を利用しているだけでなく、同じものを購入したり、オプションを購入したりしている
  • 友好的利用者期:あなたの商品を購入した上で、好意的にほかの人に紹介している
  • 否定的利用者期:あなたの商品の使い方が良くわかっていない

の7段階で分類してある。

どの状態にあるかによって、アプローチの仕方が全く変わることがハッキリと意識できる。今までターゲットは意識して定めていたけど、ターゲットの状態については漫然と行っていたので、この手法は目からウロコだった。

この本は、コンテンツ・マーケティングを本格的にやっていきたい方には、とてもオススメの本だと思う。この本にかかれている手法は、Webだけにとどまらず、チラシやパッケージ、ポスター、プレゼン資料ととにかく「顧客に何かを伝えたい」という場面でのベースとなる手法の様に思う。
コンテンツ・ブリーフができたので、これを元に、コンテンツ内容の方を進めていくことに。