事業内容につていて考えてみる

会社理念、会社名、ロゴと順調に決まってきたので、事業内容について考えてみた。
闇雲に考えるのも何なので、自分の棚卸し時に使用したビジネスモデル・キャンバスを会社向けに書くことにした。
ビジネスモデル・ジェネレーションに書かれている順番にそって9項目を埋めてみた。

1.顧客セグメント(誰に売るか)

最初が肝心だと思うので、スモールスタートを考えて狭めに設定。いきなり、一般人や一般の会社を相手に仕事を始められると良いのだが、平日18時〜と土日祝日しか時間を割けないので、まずは知人や知人に紹介してもらいやすい人や会社をターゲットにしてみた。
ターゲットはズバリ、「デザイナーやデザイン会社」

2.提供価値(何を売るか)

これは、自分の棚卸しや理念を作った時に考えられたのですんなりと埋められた。
「デザインを熟知するエンジニアが提供するエンジニアリングサービス」や「ITCでデザイン現場の効率化」「ITCで仕事に付加価値をつける」となんとなく定義。具体的な詳細についてビジネスモデル・キャンバスを書き終えてからにしようと思う。

3.チャンネル

ここには、顧客セグメントにどうやってコンタクトをとりどうやって提供価値を届けるか記入する。
コンタクト手段としては、知人への営業、知人からの紹介、IDPCなどの団体に加入して一気に営業するなどを今のところ考えている。
価値提供に関しては、基本的にリモートで完結するように進め、必要な場合は直接会うって感じ。

4.顧客との関係

これは「事業パートナー」として考えていきたい。「下請け仕事」や「丸投げ仕事」は受けない事にする。

5.収益の流れ

これは、顧客からの売上。
他の収益のアイデアはあるけど、完全に異なるビジネスモデルになるので今回はここに記入しない。

6.キーリソース

ここは経営における資源は4つ、ヒト、モノ、カネ、情報について記入する。
モノもカネも特に持っていないので、完全に自分自身の「週20時間の労働時間」と「日々の情報収集能力」「問題解決能力」の3つになる。

7.キーアクティビティー

  • デザインに役に立つ技術の収集・調査・習得する。
  • 数得した技術をタイムリーに提供する。
  • 様々なITCに関する相談を無料で受ける。
  • 常にITCによる面白い収益方法がないかアイデを出す。
  • ITCで何ができるかを常に発信し続ける。

8.キーパートナー

ICT関連の友人(プログラマ、SE、エンジニア)
顧客でもあり協力者にもなるデザイナー

9.コスト構造

  • PCやプリンターやスマホなどのハードウエア
  • クラウドサービス利用費
  • 通信費(インタネット回線、スマホ回線)
  • 書籍代

これらを1枚にまとめると次のようになる。

Studio Under The Treeのビジネスモデル・キャンバス

これらを元に具体的なサービスを色々と書き出しブラッシュアップして、とりあえずスタートが切れる状態に近づけた。具体的な内容は次の通り。

Desital Design WorkSpace
デジタル作業環境の設計・構築
Web & IT Review
WebとITに関する最新レポート
WordPress BackOffice
WordPressの構築・デザイン
MA & CRM BackOffice
MAやCRMの導入コンサル・環境構築・運用サポート
FileMaker BackOffice
FileMakerを使ったオリジナルアプリの開発

詳しい内容については、このサイトのトップページを御覧ください。